観光・体験

龍源寺間歩

通り抜けが出来る唯一公開されている間歩

石見銀山には大小合わせて600以上の間歩(※1)があり、龍源寺間歩はその中でも代官所の直営だった大坑道のひとつでした。
ひんやりした坑道は大久保間歩に次に長く、全長は600mあります。通り抜けコースとなっている坑道は、途中から新しく開削した栃細谷新抗(とちばたけしんこう)を通って出口に向かいます。(全長約273m)
間歩の壁面には、手作業で掘られたノミの跡や排水のために垂直に100mも掘られた竪抗が今でも残っており、当時の抗内の様子を知ることができます。

(※1)銀鉱石を採掘するための坑道のこと

アクセス

JR大田市駅からバスで28分
バス停:大森下車、徒歩45分(※2)


住 所

島根県大田市大森町

電話番号

0854‐89‐0347
直通

営業時間

9:00~17:00(12月~2月までは9:00~16:00)

定休日

年末年始

駐車場

なし

備考

(※2)
龍原寺間歩までは、登り坂が続きます。
徒歩で行かれる際には、水分補給や
体温調節などにお気をつけください。
(多少のアップダウンはありますが、
夏の間は、遊歩道が日陰が多く、
川の側を歩くのでおすすめです。)

サイト

http://www.ginzan-wm.jp/spot/1460  

おすすめ

龍源寺間歩で楽しんだ後は、 こんな過ごし方はいかがですか?
出雲大社から石見銀山、島根の2大遺産とそのルーツを巡る旅
石見銀山・アクアス・津和野!石見の王道コース