観光・体験

鷲原八幡宮

「津和野百景図」に描かれた場面が多くある八幡宮

日本遺産に認定された「津和野今昔~百景図を歩く」の資料となった「津和野百景図」で描かれた場面が残る鷲原八幡宮。
鎌倉の鶴岡八幡宮のものを模したという流鏑馬(やぶさめ)馬場は、日本で唯一現存する当時の原型を残した馬場とされ、県の史跡にもなっています。
春には流鏑馬神事が行われ、桜が舞い散る中、的を射抜く音と馬が駆け抜ける音が響き渡ります。
八幡宮の裏手には大杉がそびえたち、その大きさは圧巻です。



•拝観自由

アクセス

JR山口線・津和野駅から徒歩約45分、自転車で20分
石見交通バス長野行きで6分、鷲原下車 

住 所

島根県鹿足郡津和野町鷲原イ632-2

電話番号

0856-72-1771
(一社)津和野町観光協会

備考

八幡宮裏手の大杉は、細い道を登りますので足元に気を付けてください。