観光・体験

三隅大平桜

2種類の桜の特徴を持つ貴重な桜

国の天然記念物に指定されており、彼岸桜と山桜の両方の性格を併せ持つ貴重な品種の「三隅大平桜」
所有者の屋号と木の所在地の字名が「大平」ということから名づけられました。
推定樹齢は約660年、枝張りは東西24m・南北29.6mもある巨木で、白色の花が満開となる時期にはまるで、雪が降り積もった小山を見るような景観が目の前に現れます。
桜の所有者の祖先が馬をつなぐために植えたと伝えられているこの桜は、全国でも5本の指に入る古木で太い幹の中は空洞になっていますが、毎年懸命に花を咲かせています。
開花の時期にはお祭りも開かれ、多くの花見客で賑わいます。

アクセス

JR山陰本線 三保三隅駅から車で約30分

住 所

島根県浜田市三隅町矢原1257番地外

電話番号

0855‐24-1085
(一社)浜田市観光協会

駐車場

あり