観光・体験

石見銀山世界遺産センター

世界遺産をジオラマと体験で分かりやすく紹介

ヒノキ梁を使ったエントランスには銀山遺跡全体が見られるジオラマのほか、30kgの銀塊を実際に持つことができたり、「大久保間歩」の一部を忠実に再現した展示室など、石見銀山の歴史や鉱山技術を分かりやすく紹介している施設です。
また、石見銀山をより深く体感できる様々なプログラムも開催。
毎週水曜・木曜日は低融合金(すず・ビスマスの合金)やプラ板をつかった「丁銀づくり体験」の日になっており、手造りのキーホルダーやストラップを作ることができます。
石見銀山の「?」をこの施設で納得してください。

アクセス

JR山陰本線・大田市駅からバスで33分
バス停:世界遺産センター下車すぐ

住 所

島根県大田市大森町イ1597‐3

電話番号

0854‐89‐0183
直通

営業時間

●3月~11月 8:30~18:00
有料展示室 9:00~17:30(最終受付17:00)
●12月~2月 8:30~17:30
有料展示室 9:00~17:00(最終受付16:30)

定休日

毎月最終火曜日、年末年始

駐車場

400台(無料)

サイト

http://ginzan.city.ohda.lg.jp/  

おすすめ

石見銀山世界遺産センターで楽しんだ後は、 こんな過ごし方はいかがですか?
出雲大社から石見銀山、島根の2大遺産とそのルーツを巡る旅

▼丁銀づくり体験