トップページ > 観光・体験 > 特集ライブラリTOP > 特集Vol.10 しまねの温泉 石見の名湯vol.2「これぞ秘境温泉!」編
前の記事 特集ライブラリTOP 次の記事
秘境好きなあなたにオススメ 探してもなかなか見つからない珍しい温泉がたっくさん!こっそり教えちゃうにゃ〜 しまねの温泉 石見の名湯
温泉津温泉(ゆのつおんせん)元湯 泉薬湯 1300年という長い歴史を誇る温泉津温泉は、谷あいに沿って広がる
						レトロな街並みが魅力。温泉の恵みを得ようと先人たちが谷を切り
						開いてきた苦労の跡がうかがえる。温泉津に二つある元湯のうち
						泉薬湯は入浴場が地面より低く、そばを流れる川より高い位置にあ
						るという、自然の勾配を生かした造りの昔ながらの湯治場。加熱なし
						の源泉が直接楽しめ、長年の湯の花が蓄積した浴槽が見もの。毎日
						通う地元客、長期の湯治客、そして遠方からの温泉ファンで早朝から
						賑わっている。源泉は約50度と熱いので、数分の入浴と休憩を繰り
						返し、温泉効果を高めていこう。 温泉津温泉(ゆのつおんせん)
TEL0855-65-2052 島根県温泉津町温泉津[地図]
詳しくはこちら

   
江津ICより国道9号を出雲、松江方面に30分。石見銀山から浜田方面に30分。
公共機関の利用はJR山陰本線温泉津駅より徒歩20分。


泉薬湯の向かいには、明治時代の大地震で新しく湧き出てきた元湯薬師湯が。温泉街には十数軒の旅館、湯治宿のほか、おしゃれな飲食店が。温泉津やきものの里、室町時代から現在まで続く「福光石」の石切り場見学石見銀山の積み出し港・沖泊といった見どころもあり、湯治でも日帰りでもしっかり楽しめる。

かふぇ&れすとらん TOKI時計 詳しくはこちら
                    
千原温泉(ちはらおんせん) 山あいの小さな町、美郷町の最奥部にひっそりとたたずむ一軒
						温泉。ここは岩からしみ出る炭酸泉を加温、加水なしでそのまま楽し
						める、日本有数の足元源泉湧出湯。古くから切り傷、やけど、慢性皮
						膚病など皮膚疾患に効果が高いと伝えられており、不便な場所にも
						かかわらず多数の常連客や遠方からのリピーターが訪れる。34.5度
						のぬるめの湯に30分から1時間、ゆったりと浸かって温まろう。秋か
						ら初夏の間は五右衛門風呂の上がり湯が用意されているのでご安心
						あれ。「わざわざ遠方から来ていただくので、家に帰っても効果を
						感じてほしい」と、1L100円で湯の持ち帰りもできる。 古民家のようにゆったりくつろげる、癒しの場所。広島県からも、秘湯ファンが集まります!!
TEL 0855-76-0334 島根県美郷町千原1070[地図]
詳しくはこちら


石見銀山より美郷町役場前、国道375号経由で約50分。広島方面からは三次I C、飯南町経由。(詳細地図は千原温泉ホームページ内)冬場は通行規制の可能性あり、電話にて要確認。


千原温泉は日帰り入浴のみだが、美郷町内のお食事処・民泊「創菜料理 ゆるり」で宿泊が可能。ゆるりでは地元の旬の食材をふんだんに使って余計な味付けをしない、本物の山里料理が楽しめる。山里のきれいな空気に、温泉効果とからだに優しい食事で体の内側から生まれ変わってみてはいかが。千原温泉より車10分。食事、宿泊ともに要予約。(3日前までに。2名以上)
木部谷温泉(きべたにおんせん)松乃湯 地中の炭酸ガスにより20〜30分に1回じょじょに湯が吹き出し、
						数分で高さ2メートルにまで達する日本有数の間歇泉。ここでは古く
						から湯が湧きだしており、そばに釜風呂を設置して集落のお年寄りが
						憩いの場としていた。昭和45年にボーリングしたところ現在のように
						湯が噴き出すようになり、集落の人々の尽力により松乃湯がオープン。
						地域の人々に愛されていることはもちろん、遠方からの間歇泉見学、
						入浴も多い。松乃湯では女将手作りのお食事も楽しめる。とく
						に750円の昼定食は地元の有機野菜に絶品の牛乳豆腐などたくさん
						の小鉢がついてお得。1泊2食7500円で宿泊も可能。 効能たっぷりのお湯につかった後はおいしい田舎料理を楽しもう☆
TEL 0856-79-2617 島根県鹿足郡吉賀町木部谷[地図]
詳しくはこちら


中国道六日市ICから国道187号を益田方面へ約15分。津和野中心部から国道9号、国道187号経由で約40分。


木部谷温泉のある吉賀町の旧柿木村は有機農業で知る人ぞ知る場所。小さな村で30年前から有機農業に取り組み、徹底した村の独自基準により、美味しくて安全な野菜を生産している。合併して吉賀町となってからは町全体で有機農業が広まりつつある。新鮮な野菜やその加工品は道の駅かきのきむら道の駅むいかいち温泉で購入可能。
どうして島根にはたくさん温泉があるの
		広島、岡山など山陽に比べると山陰側、島根、鳥取は温泉が多く、有名な温泉地もたくさんあります。これははるか数千万年前に受けた地殻変動
		に関係があると考えられています。山陽側が1億〜3千年前に地殻変動を受けたのに対し、山陰側は比較的新しい時代、2300〜1000万年前
		に激しい地殻変動を受けています。その結果、地中温度が高くなり、また、新しい断層がたくさんあります。このような理由により山陰では地下1200m掘ると、温度
		40度前後のお湯が出てくることが多いのです。もちろん湯量が少なく温泉にできないこともありますが…。 さらに三瓶山周辺は三瓶山の地下マグマを熱源にした火山性の温泉が広がっています。
		このように島根には多様な温泉が広がっているのです。ちょっと賢くなれたにゃ
※掲載されている情報は2011年5月現在のものとなります。ご了承ください。

ページTOP