石見銀山
「石見銀山遺跡とその文化的景観」は2007年に鉱山遺跡としてはアジアでは初めて世界遺産に登録されました。その規模は529ha(東京ディズニーランド約11個分)で、日本で登録されている世界遺産のうち、富士山、京都に次いで3番目の広さとなります。(H28.10現在)当時を彷彿とさせる趣深い町並みには今も人々が暮らし、歴史を伝え残しています。
“石見銀山の風景には全て意味がある”
知れば納得。興味が深まる「石見銀山観光ワンコインガイド」などを利用して、歴史と暮らしを感じてみてください。
世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」とは
①石見銀山の銀がアジアやヨーロッパ諸国の経済や文化の交流に影響を与えたこと
 最盛期には世界の産銀量の約3分の1を占めた日本銀のかなりの部分が石見銀山で産出されたものと考えられています。石見銀山では「灰吹き法」の製錬技術を取り入れ、良質な銀を大量に生産することが出来ました。
 石見銀山の銀は、初めは中国との貿易で流通していましたが、ヨーロッパ人の参入により世界的な経済・文化の交流に影響を与えることとなりました。
②坑道跡や工房など銀生産に関わる遺跡が豊富で良く残されていること
 採掘から精練まですべて手作業で行われていた石見銀山。当時のノミの跡を実際に見ることが出来る坑道跡(=間歩)の他、製錬工房跡や住居跡などが多数残っています。
③銀の積出港や街道など鉱山運営の全体像が自然環境と一体となって文化的景観を残し、今に伝えられていること
 銀山開発には銀の精練のため多くの木材が必要で、山の木が無くなることが通常でしたが、石見銀山では、採掘当時から山を崩したり森林伐採をせず、銀鉱脈に沿って狭い坑道を掘り進める採掘方法や伐採した数と同じだけ植林を行うなど適切な森林管理が行われていました。
 また、採掘から搬出までの銀山運営の全体像がしっかりと残り、「21世紀が必要としている環境への配慮」が既に行われ、それを今の時代にも伝えられているところが世界遺産登録の重要なポイントになりました。
世界遺産「石見銀山」に行こう!
世界遺産に登録された「石見銀山」に足を運ぼう。
暮らしと歴史が息づく奥深い歴史に触れる旅へ
「出雲大社」と島根の世界遺産「石見銀山」。1時間で行けるって知ってましたか!? 出雲大社を楽しんだ後は、三瓶で宿泊して、石見銀山まで足を延ばさないともったいない!!
石見エリアに来たなら、やっぱり行きたい世界遺産「石見銀山」と、山陰の小京都「津和野」。石見の王道コースを楽しもう。
織田信長やフランシスコ・ザビエルなども魅了したといわれる、世界遺産・石見銀山の歴史を感じよう。鉱山史跡がある「銀山エリア」と、往時の町並みが目の前に広がる「大森エリア」を巡ります。
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンからも評価を受けている「石見銀山」大森の町並みをぶらぶらとお散歩しながら、古民家の雰囲気に包まれたカフェタイムやお買いものを楽しんでくださいね
石見銀山観光ワンコインガイド
「龍源寺間歩コース」を実際に利用してきました!
ワンコインで地元のガイドさんが石見銀山を楽しく案内してくれます!
実際にガイドしてもらいました。
石見銀山の港町、歴史ある温泉街「温泉津」
「石見銀山遺跡とその文化的景観」には1300年以上の歴史がある温泉津 温泉が含まれています。石見銀山の港町・温泉町として栄えたこの町は歓楽街など がなく、静かで落ち着く温泉街。旧家を改修した雰囲気のカフェやレストランもあり、訪れた人をゆったりとした気持ちにしてくれます。
▼温泉津温泉では、石見神楽も鑑賞できます!
▼石見銀山にいくなら、押さえておきたいオススメスポットを巡ってきました!
▼他にも、石見銀山いろいろ巡っています!
歩いて、石見銀山を見てみよう
レトロな町並みがひろがる大森地区を散策!
歩く世界遺産「石見銀山」。こんな楽しみ方はいかがでしょうか。
石見銀山とその周辺エリアを巡ったTV番組の動画もあります。
こちらも、参考にしてみてくださいね♪
2017年は世界遺産登録10周年!
◎10周年記念の目玉企画!
世界を魅了した石見銀山最大の坑道跡を見学しよう!
「石見銀山 大久保間歩 一般公開限定ツアー」
 江戸から明治期にかけて銀の採掘が行われた石見銀山最大の坑道跡「大久保間歩」。 世界遺産登録10周年を記念して、夏より公開区域が拡大されることが決まり、坑道内最大の地下空間「福石場」まで行けるようになりました! 江戸時代の手掘り跡から明治時代の機械掘り跡を見ることができるほか、福石場では石の間から染み出した銀も実際に見ることができます!
世界を魅了した石見銀が実際に掘られた現場の大迫力を、ぜひ体感してください!
【ツアー日程】11月30日までの金・土・日・祝・お盆期間(8月14〜16日)および2018年3月の金・土・日・祝
【参加費】大人4,000円、小中学生3,000円
【問い合わせ】大久保間歩予約センター TEL.0854-84-0750 ホームページ 

◎石見銀山街道健康ウォーク
 「健康」に重点を置いて、世界遺産の歴史や風景を体験できるプログラムです。 特に夏休み期間中の企画は、龍源寺間歩を貸し切って真っ暗な中を螺灯(再現)で進む非日常体験です!
健康ウォークのほかにも、10周年企画が予定されています!
詳しいお知らせは「大田市観光協会のWEB サイト」を
ご覧くださいね。↓↓↓
石見銀山は「パーク&ライド」を実施しています
 「世界遺産・石見銀山遺跡とその文化的景観」の価値は、遺跡とそれを取り巻く自然、そこに住む人々の調和した姿にあります。自然との共生の中で栄え、自然の中に遺跡が残る石見銀山は、遺跡や文化財が集中する場所は道幅が狭く、現在の遺産価値を後世に引き継ぐためにも十分な駐車スペースが確保できない状態です。
そこで、石見銀山は町内道路の渋滞緩和と安心安全な観光、地球環境への配慮にもなる「パーク&ライド方式」の交通規制を実施しております。
 よって「歩く観光」を推進している地域でもあります。石見銀山にお越しの際は、歩きやすい靴や動きやすい服装、こまめな水分補給を取りながらお楽しみいただけたらと思います。
 詳しくは「石見銀山交通規制(パークアンドライドについて)」(外部リンク)をご覧ください。
(外部サイトにリンクします)
松江、出雲と石見銀山を結ぶ事前予約制の直行バスです。

もどる  ホーム 

ページTOP