大 蛇(おろち)
高天原を追われた須佐之男命(すさのおのみこと)が出雲の国 斐の川(斐伊川)にさしかかると、嘆き悲しむ老夫婦と稲田姫に出会う。理由を尋ねると、八岐(やまた)の大蛇が毎年現れ、既に7人の娘が攫(さら)われ、残ったこの稲田姫もやがてその大蛇に攫(さら)われてしまうと言う。  一計を案じた須佐之男命は、種々の木の実で醸した毒酒を飲ませ酔ったところを退治する。 そのとき、大蛇の尾から出た剣を『天の村雲の剣(あめむらくもつるぎ)』と名づけ、天照大御神(あまてらすおおみかみ)に捧げ、稲田姫と結ばれる。
ド迫力の大蛇が須佐之男命を相手に火を噴き暴れまくる! ひぇ〜〜っ と、思わず感嘆!!
▲動画で見る大蛇 (地域によって舞い方や囃子が違います)

もどる  ホーム 

ページTOP