黒 塚(くろづか)
諸国修行中の法印(ほういん)と剛力(ごうりき)は、陸奥(むつ)の国・那須野ヶ原を通りかかります。 そこで九尾の悪狐が人々に害を与えているのを聞き、この悪狐(あっこ)を退治しようと出かけますが、途中法印が倒れてしまい一夜の宿を借ります。そこの女主人(じつは悪狐)に化かされて法印は逃げ去り、剛力は食われてしまいます。それを知った弓の名人、三浦介、上総介により悪狐は退治されます。
法印と剛力の石見弁でのユーモアのあるしゃべりや、悪狐が客席に来たりなど、他の演目とは、一味違った演目です
▲動画で見る黒塚 (地域によって舞い方や囃子が違います)

もどる  ホーム 

ページTOP