鹿 島(かしま)
大国主命(おおくにぬしのみこと)の国譲りを題材とした神楽です。経津主命(ふつぬしのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)が、大国主命に出雲の国を譲る様に談判します。 大国主命は、自分の2人の息子の承諾を得るようにと言い、第一の王子、事代主命(ことしろぬしのみこと)は承諾しますが、第二の王子、建御名方命(たけみなかたのみこと)は承諾せず、経津主命と決戦となるがあえなく敗れて降参し、国を譲ります。
大国主命の息子建御名方命が、経津主命と、力比べをする場面が見所だよ!
▲動画で見る鹿島 (地域によって舞い方や囃子が違います)

もどる  ホーム 

ページTOP