広島「島根ふるさとフェア2018」

2018年1月31日 / イベント

【島根ふるさとフェア2018 in広島 レポ①】

 

※以下の文章・写真は、2018年1月20日・21日に開催された『島根ふるさとフェア2018 in広島』に取材に行った様子を掲載しています。(取材日:1月20日)

 

 

さてさて、来ました!広島。今日は島根が広島へお引っ越しする日。まず、私たちは「しまねわくわく体験広場」へ「石見レストランバス」を見学に行ってきました!

 

 

格好いいレストランバス。1月〜3月まで石見地域の観光レストランバスとして運行されます。リッチな旅が楽しめますよ☆彡(左)
バスを運営する株式会社GPAの原田さんにお話を聞きました。1/26〜3/18まで、様々なツアーが企画され、都心で有名な日本料理店プロデュースによる石見の食材が楽しめるそう。なんと食器も石見の焼き物を使うそう。楽しみですね!(右)

 

 

 

なんと天井がオープンしています。開放的な旅が楽しめそうですよ♪(左)
開放的な空間。上質な雰囲気の2階座席。(右)

 

 

 

みなさん開放的な空間を楽しんでおられます。どんどんこれから人が増えてきますよ!(左)
運転手、浜田市のぜんさん。石見レストランバスの運行担当です。(右)

 

 

 


 

 

【島根ふるさとフェア2018 in広島 レポ②】

 

 

続いてつづいて、アリーナロビー1階、「伝統工芸実演販売コーナー」へ行ってきました。島根の技術・石見の技術が満載です!

 

石見神楽面、柿田勝郎面工房さんのブース。大迫力!(左)
コーナーで実演をされる柿田さん。(右)

 

 

 

益田の石州焼きがずらり!(左)
ろくろ体験も行われています。(右)

 

 

 

世界遺産、石州和紙! 紙すきの体験コーナーもあります。(左)
石州瓦代表! 丸惣さんのブース。(右)

 

 

 

かわいらしい人形が並ぶ、長浜人形、安東さんのブース。

 

 

 


 

 

【島根ふるさとフェア2018 in広島 レポ③】

 

 

グリーンアリーナの広ーいふるさとステージでは、1回目の石見神楽上演が行われました。浜田市木田神楽社中による重厚な6調子の「鍾馗」が堂々と演じられましたよ!

 

じっくりと舞われる神舞。(左)
重厚なお囃子がアリーナにこだまします。(右)

 

 

 

いよいよ鬼が出現。(左)
じっくりとした舞いで観客を魅了中。(右)

 

 

 

なんと、観客間近まで鬼が乱入!(左)
子どもが泣いちゃいました。この子はいいことがあるよ♪きっと。(右)

 

 

 

新年にふさわしい魔除け、鍾馗の舞い。広島の皆さんにじっくりと見て頂いています。(左)
木田神楽社中のみなさん、素晴らしい舞台でした。パチパチ☆彡(右)

 

 

 


 

 

【島根ふるさとフェア2018 in広島 レポ④】

 

 

さてさて、石見神楽ステージで熱くなった私たちは、石見神楽の道具がつくれるブースがあることを聞き、向かってみました。

 

アリーナロビーB1階、石見観光振興協議会のコーナーで、浜田石見神楽のイケメンのお兄さんたちが道具作りを指導します。(左)
神楽道具作りに初チャレンジする、取材担当のよしだ。おそるおそるハサミをいれます。(右)

 

 

 

舞子さんたちが、丁寧に教えてくださいました。(左)
最後の仕上げを舞子さんがしてくださいました。周布青少年保存会、津田さんありがとう。(右)

 

 

 

仕上がりました☆彡 家のお守りに使います♪

 

 

 


 

 

【島根ふるさとフェア2018 in広島 レポ⑤】

 

 

神楽道具を作ったらお昼時、お腹が空きました。そうだ、屋台村に行こう!
ということで、石見のグルメを求めて公園の方へやってきました♫

 

絶好のお天気の中、たくさんの人で賑わっています。(左)
観光大使はまだのお二人に遭遇。このあとふるさとステージに登場するそうです。佐々木さんは邑智のぜんざい、徳永さんは浜田水産高校のお魚ドーナッツをチョイス!(右)

 

 

 

今年はお天気が味方をしましたね。会場が島根で盛り上がっています。(左)
さて、私たちの腹ごしらえは、邑南町の石見和牛串、益田のパブリカカレー、浜田の赤天入り焼きそば、江津の猪肉コロッケ、浜田水産高校の塩辛ポテト。おいしくいただきます☆(右)

 

 

 

浜田水産高校ブースの、ユタカ先生。干物をもってにっこり!

 

 

 

石見ポーク炭火焼き。おいしそうです☆(左)
江津も元気元気!(右)

 

 

 


 

 

【島根ふるさとフェア2018 in広島 レポ⑥】

 

 

腹ごしらえをしたら、次はお買い物。島根の特産品がずらりと並んだ活気のよいアリーナ内で、私たちはおみやげ探索をしました。

 

 

津和野のブース、源氏巻きの試食をしました。とてもおいしかったです。(左)
しいたけの栽培ができる「木」を販売中!(右)

 

 

 

益田市匹見町のコーナーでは、ゆず酒の試飲コーナーがあります。(左)
益田市のゆずコーナー。(右)

 

 

 

浜田のブースに焼き芋が!? ぜひぜひ立ち寄ってその味をお確かめください!(左)
浜田市のブース。水産加工品で賑わっています。(右)

 

 

 

大田市のコーナー。かつて銀山で使われていたサザエを模したキャンドルが。(左)
大田市のブース。石見銀山の地ならではの、銀ができるまでの説明をしています。(右)

 

 

 

水産加工品や、干物などぎっしり!(左)
大蛇もおいてありますよ!(右)

 

 

 


 

 

【島根ふるさとフェア2018 in広島 レポ⑦】

 

 

お土産を買って、色々なブースを探索。会場では、ご当地グルメ「石見の神楽めし」や、しまね海洋館アクアスのブースなど、沢山楽しめますよ。
これにて配信は終了。今日も夕方まで、そして明日もありますよ。ぜひぜひ、島根ふるさとフェアにお越しください!

 

 

並びきれない行列ができていた神楽めしブース。さすが石見のご当地グルメ!

 

 

 

人気ナンバーワンのオロチ丼。(左)
お肉がおいしそうに焼かれています。(右)

 

 

 

江津のブランド肉、まる姫ポーク!(左)
まる姫ポークホルモン煮込み。生ビールに合いますよ!(右)

 

 

 

アクアスブースの水槽には、ヤドカリが!?
アクアスブースでは缶バッジ作りコーナーなどなどで楽しめます。

 

 

 

島根らしい大きなしめ縄が。これをくぐって、ぜひぜひお越しください☆

 

 

 

(おわり)

 

 

—————————————-

島根ふるさとフェア2018 in 広島
2018年1月20日(土)・21日(日)

—————————————-

—————————————-

◎島根ふるさとフェア2015の様子はこちら♪ kuwasiku

◎島根ふるさとフェア2016の様子はこちら♪ kuwasiku

—————————————-

コメントは受け付けていません。

観光地