新たな交流スペース誕生!『パレットごうつ』の魅力を調査

2017年3月28日 / 石見神楽

~新たな交流スペース誕生!~
【『パレットごうつ』の魅力を調査 レポ①】
 

 

2016年、JR江津駅前にオープンした複合施設『江津ひと・まちプラザ パレットごうつ』☆☆この大きなレンガ造りの建物がどんな施設なのか調べてきました!

 

今回は『パレットごうつ』ゼネラルマネージャー 佐貫 弘さんに、施設を案内していただきました。こちらの施設は、9:00~22:00まで誰でも自由に使えるフリースペースがあり、毎日、電車の待ち時間や、学生が勉強をするのに利用されているそうです(ˆ0ˆ๑)

 

『パレットごうつ』は、江津の伝統工芸品である石州瓦と赤レンガで造られた木造建築!!!重厚感がありながらも開放感のある施設になっています!!(左)
220人収容できるホールでは、石見神楽定期公演も行われています。椅子やステージが可動式で、講演やステージイベントのほかにも運動や歓送迎会などにも使えるんです!!!しかも飲食可能、アルコールの持込みも自由で、イベントや会議の後にここで宴会をする団体もいるそうです(*˙0˙*) 移動の手間がいりませんね。(右)

 

 

 

こちらはフリースペース☆読書をしたり、おしゃべりをしたり、会議のミーティングや、パソコンを持ち込んで仕事をするにも最適♪
都会のカフェのような感覚で利用できる施設です。Wi-Fiも使えるそうですよ。(左)
多いときで月に600人前後の利用があるフリースペースは、学生が勉強するのによく使われているそうです。市民が集える場所がここにあり♡(右)

 

 

 

団体向けの会議室はどの部屋も開放的!現在、和室では茶道教室が行われているそうですよ。(左)
オーブンやレンジも完備のキッチンスタジオ☆☆
子育てサポートセンターとも隣接しており、お子さまがいる主婦にも嬉しいスペースです♪(右)

 

 

 

『パレットごうつ』を元気に運営している「NPO法人てごねっと石見」のスタッフの方々♪
お忙しい中、撮影にも快く対応していただきました☆
わからないことがあればお尋ねください。(左)
江津市出身の彫刻家 田中俊睎さんの作品。
出雲大社にも同じ像がありご利益があるといわれています。(右)

 

 

 

『パレットごうつ』の最大の魅力は、どこのフロアやスペースでも飲食が自由にできるというところ!近くのお店からテイクアウトしたものを食べながら自由に使える施設はなかなかないですよ!!!
気軽に誰もが使える交流・ふれあい施設がJR江津駅前にできましたよ♪(^^)
(つづく/担当A)

 

 

—————————————-
『江津ひと・まちプラザ パレットごうつ』
住所:〒695-0011 島根県江津市江津町1518-1
TEL:0855-52-7820
—————————————-

 

 


 

 

~新たな交流スペース誕生!~
【『パレットごうつ』の魅力を調査 レポ②】

 

 

JR江津駅前の憩いスペース『パレットごうつ』は、ふれあいスペースの他に、ワークステーションや子育てセンターなど5つの団体が入った複合施設です☆☆その中の1つ、江津市の観光情報をお届けする〝江津市観光協会〟を訪れました♪

 

JR江津駅隣から移動し、広々としていて気軽に立ち寄りやすい〝江津市観光協会〟(^^)
中には観光パンフレットや江津市の特産品がたくさん置いてあり、なんと購入もできるんです☆☆☆観光情報&お土産が1度に手に入るため、迷ったときはこちらです!!

 

『パレットごうつ』の道路側 1階に江津市観光協会の入口があります!
金の蛙が目印です!(左)
江津市観光協会 所長 渡利 正さん♪♪
ユニークに観光情報を教えてくださいました。
手に持っているものは、来年度からはじまる観光サービス!GPSを搭載した〝観光音声ガイドフォン〟です。観光地に行き、ボタン1つでスポットの歴史や由来などが簡単に聞くことができるので一人旅や学生の勉強に利用すると便利かもしれません(^^)(右)

 

 

 

 

広々とした場所で自由に特産品を見ることができます☆お気軽に立ち寄れる観光情報施設です♪(左)
館内は、観光グッズや伝統工芸品が並べられていました。
江津市で活動している蛇胴職人、面職人が作られた大蛇も展示してありました。(右)

 

 

 

江津市の特産品といえば、石見焼!すり鉢やマグカップなどといった作品が販売されています!!!(左)
観光パンフレットもたくさん揃えられているので、江津や石見をより楽しみたい方はぜひお立ち寄りください☆
江津市観光協会では、江津の観光スポットを楽に周遊できる〝レンタサイクル〟もありますよ。ぜひ利用してみてください。(右)

 

 

 

地元・江津市に詳しい江津市観光協会のスタッフの方々は優しく声をかけてくださいます♡
スタッフとお客さんとの距離感が近いところもGOOD!公開されている観光情報の他に、住んでいる人にしかわからない地元ネタも聞けちゃいますよ。
海あり、山あり、温泉ありとオールシーズン楽しめる江津市へぜひ、遊びに来てください♪
(つづく/担当A)

 

 

—————————————-
◎『江津市観光協会』
住所:〒695-0011 島根県江津市江津町1518-1
TEL:0855-52-0534

 

◎『江津ひと・まちプラザ パレットごうつ』
住所:〒695-0011 島根県江津市江津町1518-1
TEL:0855-52-7820
—————————————-

 

 


 

 

~新たな交流スペース誕生!~
【『パレットごうつ』の魅力を調査 レポ③】

 

 

パレットごうつでは、毎月石見神楽上演が行われてています♪200名収容できるホールに特設ステージを設け、劇場のような観覧席でゆったりと神楽を楽しめます!ホールなだけに、太鼓の響き渡る音と激しい舞の振動が全身で感じることができました(*˙0˙*)!
午前・午後の部とあり、この日は江津市内の2団体が交互に上演。有福温泉神楽団さんと谷住郷神楽社中さんがパワー溢れる舞を披露しました!!!!私たちは、午後の部の谷住郷神楽社中さんによる『天神』、有福温泉神楽団さんによる『大蛇』を観覧☆☆

 

『天神』では、太刀対決の激しさに魅了させられました!右大臣・左大臣2人の軽やかかつ力強い舞に釘付け。終盤に向け舞子やお囃子の熱が増し、客席もその熱に引き込まれ会場が一体となりました!!!!

 

谷住郷神楽社中さんの『天神』☆☆
菅原道真のしなやかな所作に魅せられた神舞でした。(左)
落ちついた舞が特徴的な神舞では、1つ1つの動きに注目。
指先から足の先までこだわった舞は、舞子の信念を感じます。(右)

 

 

 

菅原道真と藤原時平が対決の時!ここからが『天神』の見せ場です!(左)
太刀を重ねながら激しく舞う舞子の表情は真剣そのもの。舞子の〝本気〟が伝わってきます。(右)

 

 

 

舞子のオーラや凄まじさがかっこいいー!!(左)
衣裳も2回3回と早変わりする舞、激しさが増し見ているこちらもヒヤヒヤ!本物の決戦を見ているかのような迫力が楽しめました!!!(右)

 

 

 

一番の盛り上がりを見せた最後!菅原道真が藤原時平との勝利を勝ち取った瞬間、2人の舞がヒートアップ!!!幕が飛び跳ねるほどの凄まじさで終了しました。お見事!!(左)
会場は満員御礼☆☆『パレットごうつ』では、後の席からもじっくりと見ることができます!(右)

 

 

 

会場は満員御礼で、子どもから大人まで石見神楽に夢中になっていましたよ。
次回は、迫力かつ優美さをも感じさせる有福温泉神楽団さんによる『大蛇』の様子をご紹介(ˆˆ)ノ
(つづく/コラム:あや、カメラ:KAO)

 

 


 

 

~新たな交流スペース誕生!~
【『パレットごうつ』の魅力を調査 レポ④】

 

 

パレットごうつでの石見神楽定期公演、午後の部2つ目の演目は有福温泉神楽団さんの「大蛇」でした!
1人1人と姫が大蛇に獲られるシーンを再現した「姫取り」からはじまり4頭の大蛇が、ステージ目一杯暴れ舞いました。30分間のショート上演だったのですが、次から次へと展開していく舞は見所が凝縮され、とても見応えある神楽観賞でした。有福温泉神楽団さんの『大蛇』は、蛇がスルスルスルっと幕から登場。滑らかなその動きは、迫力がありながらも品を感じる舞でした!目を真っ赤に光らせた大蛇の表情は凄まじく、石見神楽に慣れ親しんでいる私でも恐怖感を抱くほどでした。

 

身体で感じる迫力、江津ならではの舞やお囃子、そしてゆったりと観賞できるパレットごうつでの毎月1回の定期公演!観覧席を振るわすほどのインパクトを1度は味わってみてください。

 

 

 

全国でも人気を誇る演目【大蛇】!各神楽団体でこだわりをもつ蛇の動きは注目です。(左)
有福温泉神楽団さんの大蛇の蛇胴の巻き方にもこだわりを感じました。注目してみてください。(右)

 

 

 

〝姫取りの場面では、みるみるうちに姫の姿が見えなくなってしまいました。
布きれを飲み込む瞬間は、会場内の空気が張りつめたような気がしました。(左)
嘆きの太鼓を心を込めて丁寧に叩かれていました☆(右)

 

 

 

大蛇の醍醐味でもある、大蛇の見場!
お囃子にあった4頭の舞は、荒々しい動きながらもまとまりを感じました。(左)
手名椎(てなづち)と足名椎(あしなづち)も大活躍!ステージから降りて対決を見守っていました。(右)

 

 

 

きりっとした面の須佐之男命(すさのおのみこと)は、舞も鋭さが際立っていました。(左)
軽やかな太刀裁きを魅せた須佐之男命と大蛇の決戦は、展開が早く目が離せませんでした。(右)

 

 

 

新たな〝ふれあい〟活動施設『パレットごうつ』の魅力、それは誰もが自由に立ち寄れ、自由に使うことが出来る、新たな憩い&出逢い&発見の場ではないでしょうか。
(おわり/コラム:あや、カメラ:KAO)

 

 

—————————————-
『江津ひと・まちプラザ パレットごうつ』
住所:〒695-0011 島根県江津市江津町1518-1
TEL:0855-52-7820
—————————————-

 

 


 

 

【『パレットごうつ』の魅力を調査(特別編)】

~石見神楽定期公演 ダイジェスト~

 

 

新施設の完成記念として行われていた石見神楽上演の様子をお届けします。
この日は江津の谷住郷神楽社中さんと有福温泉神楽団さんが披露されました(*´︶`*)ノ
午前の部・午後の部とも会場は満席!座席が用意されており、1人1人ゆったりと観賞することができました。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

観光地