浜田で石見神楽を楽しもう

2017年1月23日 / 未分類, 石見神楽

【浜田で石見神楽を楽しもう】

 

 

 

<石見神楽定期公演(浜田)レポ①─三宮神社で神楽を楽しもう─>

 

 

2016年12月24日(土)、クリスマスイブに浜田の街を訪れました!浜田駅周辺はイルミネーションに包まれ、商店街にはクリスマスソングが流れクリスマス色に染まっていました。
そんな浜田では、この日も三宮神社で夜神楽を上演!!
今回は、浜田の街の魅力と、三宮神社で行われている定期公演での『石見神楽長澤社中』さんをご紹介します♪

 

 

浜田の街はこんなに素敵な街だった!
(つづく/担当A、担当K)

 

 

 

<石見神楽定期公演(浜田)レポ②─浜田の夜神楽 in 三宮神社 塵輪編─>

 

 

浜田の夜神楽会場《三宮神社》にやってきました!
赤提灯が鳥居を照らし雰囲気を醸し出しています。神社での公演は、神楽の原点である奉納神楽の雰囲気が楽しめます。

 

今回の上演社中は「石見神楽 長澤社中」さん☆☆
演目は『塵輪』と『胴の口』でした。19:30からスタートですが、18:30からぞくぞくとお客さんが集まってきました。『塵輪』が始まる頃には会場は満員御礼。
1演目目は、『塵輪』!
軽やかな動きの仲哀天皇と高麻呂、客席が揺れるほど力強く舞う白鬼・赤鬼が登場してきました。塵輪は息がピッタリで、1つ1つの舞いから目が離せません!!豪快さもありながら丁寧な舞は見応えたっぷりでした!!!!
(つづく/担当A、担当K)

 

 

 

 

<石見神楽定期公演(浜田)レポ③─石見神楽長澤社中 代表インタビュー─>

 

 

クリスマスイブの三宮神社で軽快に舞納めた〝石見神楽 長澤社中〟さん♪
今回は、代表の長冨幸男さんにインタビューした映像をお届けします。明治から継承されている古い社中。現在は団員数 大人25名、子供神楽12名の舞子に受け継がれています。お囃子に合った独特な所作は長澤社中ならでは。
次回は、そんな若き舞子が熱心に練習を重ねている「胴の口」をご紹介します!
(つづく/担当A、担当K)

 

 

 

 

<石見神楽定期公演(浜田)レポ④─浜田の夜神楽 in 三宮神社 胴の口 編─>

 

 

石見神楽長澤社中さんの2演目目は、日本でも珍しい大太鼓をメインに神楽歌とお囃子で演じられる『胴の口(神祇太鼓)』でした。若い舞子が現在練習に力を入れている演目で、今回で2回目の披露♪ 2016年の締めくくりに、力強い風情ある演目を楽しませていただきました!!娯楽舞とはちがった心に響くお囃子は、上演が終わっても太鼓の重厚感あふれる音色が耳に残り、また観たくなってしまいます。
舞子の真剣な表情が観られるのもこの演目の魅力ポイント!太鼓を叩く手や動きなど、1つ1つの動きについつい見とれてしまいますよ。
この日、浜田の駅に降り立った私たち、歩いてみると浜田の小さな魅力から大きな魅力を発見することができました。石見神楽の本来の雰囲気を体感しながら、じっくり堪能でき、最高の旅になりました♪
(おわり/担当A、担当K)

 

◎浜田の夜神楽の予定をチェック
http://www.all-iwami.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=1213

 

 


 

 

【石見☆こぼれ話】

~えびすサンタからクリスマスプレゼント♪(浜田)~

 

 

三宮神社で上演される浜田の夜神楽定期公演では、舞が終わった後、神楽グッズが当たる抽選会が行われます☆☆1等から4等で、解説本やガイドブック、手ぬぐいなど、冬には神楽のスウェットもゲットできますよ。
クリスマスイブの取材、抽選会の賞品も豪華でした!多くのお客さんが〝えびすサンタ〟からクリスマスプレゼントを受け取っていました(*´ч`*)さらにこの日は、長澤社中さんのご厚意でなんと神楽道具もプレゼント!!

 

舞を楽しんだ後の抽選会は、定期公演の密かなお楽しみイベントです(^^)チケットに番号が記載されていますので、帰るまで無くさないように大事に持っていてくださいね♪
(コラム:担当A イラスト:担当N)

 

 

コメントは受け付けていません。

観光地