石見神楽衣裳☆伝統を受け継ぐ佐渡村衣裳店

2016年7月6日 / 未分類, 石見神楽

【石見神楽衣裳☆ 伝統を受け継ぐ佐渡村衣裳店(浜田)レポ①】

 

 

浜田市三隅町で神楽衣裳を専門に扱う『佐渡村衣裳店』を取材してきました☆
石見神楽衣裳の老舗である『細川衣裳店』に憧れ、約9年目を向かえた『佐渡村衣裳店』。
その創業者であり衣裳職人の佐渡村孝明さんにじっくりお話を伺いました!!

 

 


 

 

佐渡村衣裳店は立派な日本家屋で、とても落ちついた雰囲気の中に作業スペースがありました。
佐渡村さんもまた、石見神楽を受け継ぐ舞子さん♪。自分の社中の衣裳を直すところから徐々に趣味になり、天職になったそうです(*´︶`*)ノ

 

全くの素人からスタートした佐渡村さん、細川衣裳店が作られた衣裳で、縫い方や模様など、日々学び、伝統ある衣裳を作り続けています。
豪華絢爛な衣裳の原点であり、細川氏がヒントを得た四国にも訪れ衣裳づくりに役立てていました!
話を聞けば聞くほど、佐渡村さんの神楽衣裳に対する前向きな熱い想いが伝 わってきました☆

 

こちらは、佐渡村さんが創業しはじめて創った衣裳です!
豪華な衣裳で、羽にこだわりを感じます。お部屋に写真が飾られてありました。

 

 

 

 

金刺がふんだんにほどこされた見事な衣裳!!
とてつもない重量感があり、衣裳に着られているような感覚でした。がっしりとした造りで動くのも大変…。
舞子さんは、こんな重たい衣裳を羽織りながら激しく舞っているんだと、改めてすごい!と感激しました☆

 

 

 

 

次回はそんな佐渡村衣裳店が手がける衣裳をご紹介します!(つづく/担当A)

 

 


 

 

【石見神楽衣裳☆ 伝統を受け継ぐ佐渡村衣裳店(浜田)レポ②】

 

 

石見各地や広島の神楽団体から注文を受けている佐渡村衣裳店☆
豪華な衣裳になればなるほどやはり作業時間もかかるそうで、今回飾られた衣裳もその1つでした!
衣裳をじっくり見てみても、細かく丁寧に造られていました(*˙0˙*)

 

刺繍や“ニクモチ”を重ねて出来上がっている衣裳。何個ものパーツを組み合わせてできていました。
佐渡村さんは、見えない細部もきちんと仕上げていました。全て手作業の衣裳造り!
手を抜こうと思えば抜ける部分でも、きちんと仕上げるのが佐渡村さんのポリシーなんだそうです☆☆☆

 

 

 

 

石州半紙の蛇半紙にオリジナルの型を写しつくるという老舗から伝わる手法。
石見神楽と石州半紙の繋がりはここにもありました。
そして、石見神楽衣裳に使用される《やぎ》の毛は固くてあまり流通していませんが、石見神楽では大活躍!

 

 

 

 

次回は、その豪華な衣裳が出来上がる作業場にお邪魔します♪
(つづく/担当A)

 

 


 

 

【石見神楽衣裳☆ 伝統を受け継ぐ佐渡村衣裳店(浜田)レポ③】

 

 

佐渡村衣裳店では5人の職人さんが衣裳を手がけていました(ˆˆ)
広々とした作業スペースでは、刺繍がしやすいオリジナルの長机に生地を広げ、上に下に針を落としていく細かい作業を繰り返していました☆☆
根気と集中が試される、まさに職人の技!!!!
この日は、佐渡村さんの奥さんと従業員さんが、あちこち移動しながら仕事をされていました。

 

石見神楽衣裳は、昔から“別珍”素材で作られます。金刺を施すことによって生地がさらに光沢が増し、豪華な衣裳になっていました☆☆現在では別珍を探すのが難しいようです。

 

 

 

 

佐渡村さんオリジナルの型紙です。四国に訪ねて行った時に、絵が上手でなければこの仕事はできないと言われ、絵の勉強をしたそうです!(*˙0˙*)
また、糸の強度を高める“ロウ”にもこだわっていました。
現在では沢山のロウがあり、その中でも老舗が昔から使用しているロウが1番神楽衣裳にふさわしいんだそうです。

 

 

 

 

神楽衣裳の毛にも注目!やぎの毛使用されているのですが……
単に型に合わせて裁断しているのではなく、自然に見えるようにニクモチや衣裳に合わせて毛並みを整えるんだそうです!!毛並みに合わせて細かく裁断し、縫い込んでいく大変な作業の1つだそうです。

 

 

 

 

一から作る衣裳と、何十年前の衣裳の修復もされている佐渡村さん。古い衣裳から得るものが多く、縫い方や色の組み合わせ方など技術を学びながら衣裳の修復をしているそうです。

 

 

 

 

今はまだ1つ1つ一生懸命仕上げていくのがやっとと言う佐渡村さんの衣裳は、丁寧な衣裳が出来上がっていました。5年後、10年後にどんな衣裳を作っているのだろうと希望にあふれた衣裳職人でした。
次回は、温故知新を大切にする佐渡村さんの、神楽衣裳への想いを動画でお届けいたします。創業当時の様子、老舗に相談に行かれていた頃のことなど、「神楽衣裳を作りたい!」という強い姿勢に注目☆
(つづく/担当A)

 

 


 

 

【石見神楽衣裳☆ 伝統を受け継ぐ佐渡村衣裳店(浜田)レポ④】

 

 

佐渡村衣裳店の代表、佐渡村さんにじっくりお話をうかがいましたよ♪
自身でつくった衣裳を見ながら、苦労話や今後の目標なども教えて頂きました!
石見人と感じる石見弁で話す佐渡村さんは、現在50歳のようですがスラッとして生き生きとしていました☆☆
取材中も細かく目配りをしており、衣裳にもそんな気配りの上手さが表れているように感じます(*´˘`*)
10年目を迎える大事な節目!!
今はまだ一生懸命に衣裳を作っているため、特徴など出せていないと仰る佐渡村さん。
30年、40年後の『佐渡村衣裳店』はどんな衣裳を作っているのでしょうか。これからが注目の神楽衣裳店さんでした。

 

 

 

 

(おわり/担当A)

 

 

—————————————-
『佐渡村衣裳店』
住所:浜田市三隅町岡見1212
TEL:0855-32-3239
—————————————-

コメントは受け付けていません。

観光地