夏の定番!海水浴場 ~国府海水浴場・畳ヶ浦を楽しむ~

2015年8月28日 / 未分類, 観光地

【夏の定番!海水浴場~国府海水浴場・畳ヶ浦を楽しむ~レポ①】

 

 

島根県といえば、、、壮大な青い日本海!!!!石見の夏は海水浴場で決まりです☆
いよいよ海水浴シーズン到来です!7月18日に海開きがあった「国府海水浴場」に取材に行きましたヽ(´▽`)/
この日は暑く、海日和ー!朝からたくさんの人でにぎわっていましたよ。

 

 

 

 

【国府海岸の魅力①】
なんといっても、きめ細かい綺麗な白いビーチ!
さらさらの砂浜は裸足で歩いても安心ですよ。
砂浜で遊ぶ人も多く、トンネルを作ってみたり、埋もれてみたり、
中には穴を掘っている子ども達もいました!

 

 

 

 

【国府海岸の魅力②】
透き通っている海水!
日本海では珍しい遠浅の海岸で、奥まで堪能できるんです(*´ω`*)
ずっと浸かっていたくなるほど気持ち良いですよ♡

 

 

 

 

日本海を楽しめる国府海岸では、波もポイント!
泳いだり追いかけっこするのはもちろん、浮き輪にのって波に揺られるだけでも楽しいんです。
ぜひ、波に身を任せてみてください。
とても気持ち良いですよ~♡

 

海の家やゆったりできる畳空間、シャワールームもあり、のんびりとした一時が過ごせますよ。
あっという間に過ぎ去っていく夏、国府海岸に遊びにきませんか?
(つづく/担当A、担当K)

 

 

 


 

 

【夏の定番!海水浴場~国府海水浴場・畳ヶ浦を楽しむ~レポ②】

 

 

国府海水浴場では、海水浴期間中は安心・安全に遊べるように、見守り体制もバッチリ♪
今回は、10年以上国府海水浴場を監視されている『浜田市サーフィン協会』の代表 川崎 知一さんに、
お話を伺いました(。・ω・)ノ

 

 

 

 

海水浴の監視は、平日で3人、休日で5人体制で朝9時~夕方5時まで行っているそうですよ。
1時間ごとに放送で注意を呼びかけるなど常に目を光らせていました☆
そんな監視の方々は、なんと、夏を彩るサーファー!!!!
海を大切に想う彼らが国府海岸を守っているため、海岸は常に綺麗です♡

 

 

 

 

『浜田市サーフィン協会』は、サーフィン好きな仲間が集まり結成!
全日本サーフィン選手権大会などにも出場しているんだとか(*˙o˙*)

 

 

 

 

若くてたくましい方が多い『浜田市サーフィン協会』。みなさんとても親切で面白い方ばかり(^^)
国府海水浴場で分からないことがあれば、監視室を尋ねてみてください。
サーフィンのコツなども教えてくれるかもしれませんね♡

 

国府海水浴場は、波を操る頼もしいサーファーがついているため安全に遊ぶことができそうです(*´˘`*)
(つづく/担当A、担当K)

 

 

 

 

—————————————-
国府海水浴場 kuwasiku
〒697-0003 島根県浜田市国分町2205-16
(浜田自動車道・浜田ICから車で約5分)
—————————————-

 

 

 


 

 

 

【夏の定番!海水浴場~国府海水浴場・畳ヶ浦を楽しむ~レポ③】

 

 

国府海水浴場でお腹が空いたら、海岸沿いにある『国民宿舎 千畳苑』で決まり☆

 

広大な国府海水浴場を眺めながら、美味しいお料理が食べられますよ\( ˆˆ )/
千畳苑の中にある「レストランしおかぜ」にはなんと!豊富なメニューの他に、
“石見の神楽めし” が3種類もありました!!!

 

 

 

 

早速実食♡
浜田といえば、新鮮な海の幸料理がおすすめ!
ノドグロやアジなど、肉厚でぷりぷりなお刺身が堪能できますよ☆

 

 

 

 

☆海鮮丼☆…えびす丼提供メニュー

夏にぴったり!お店で大人気なメニューだそうですよ!
どんちっちアジやマグロ、ウニやいくらなどなど、
浜田港で獲れた新鮮な海の幸がふんだんに盛りつけられた丼でした( ‘ω’ )☆
大きなお刺身で、尚且つぷりっとした歯ごたえ!!!
丼にかけるお出汁にも注目です☆
千畳苑の海鮮丼はお出汁はあたたかいんです〜。
とってもとろける海鮮丼でした♡美味〜♡(実食:担当A)

 

 

 

 

☆ケンボロー芙蓉ポーク角煮丼☆…オロチ丼提供メニュー

ごはんの上にたくさんの豚の角煮が敷き詰められた角煮丼。
ちょこんと乗った温泉玉子を開けば、玉子の黄身がとろんと混ざって、マイルドな味わいに。
豚肉は浜田市金城町のケンボロー芙蓉ポークが使われており、
脂身もほんのり甘くて《絶品!》←それをご飯にからめて頂く贅沢さ。
ガッツリとしていてマイルドで繊細な味わいの丼です。
男性も女性もオススメですよ☆(実食:担当K)

 

 

 

 

☆大黒めし『うずめ飯』☆

 

うずめ飯とは、津和野発祥の郷土料理で、山菜をうずめているそうですが、これを浜田流にアレンジ♪
浜田と言えば、新鮮な海の幸!
浜田に来られたお客様は、やはり海鮮を召し上がる方が多いとのことで考えられたそうです!

今回は、撮影用の為に海鮮は一番上に乗せてありましたが、本来はご飯の中。
注文したら真っ白なごはんが出てくるのでお客さんも驚くことでしょう!!

食べ方は、ご飯に温かいダシをかけ、刻みネギ・海苔・わさびをトッピングして混ぜていただきます。
どの魚も新鮮で身がプリプリなのに驚きました。
アジも臭みが全くなく、ペロリとたべちゃいました☆ダシとの相性も抜群です!

メイン以外のお料理も美味しかったです。特に、天ぷらは揚げたてでサックサク!
ボリューム満点のうずめ飯でした。(実食:担当O)

 

 

 

 

レストランしおかぜでは、地元の素晴らしい素材をいかしたお料理ばかりです!
石見の味がお腹いっぱい堪能できますよ〜♪
石見に生まれて良かったと実感しちゃいました♡

次回は『国民宿舎 千畳苑』の魅力をご紹介します(*Ü*)
(つづく/担当A、担当O、担当K)

 

 


 

 

【夏の定番!海水浴場~国府海水浴場・畳ヶ浦を楽しむ~レポ④】

 

 

国府海岸沿いにある『国民宿舎 千畳苑』は、美味しい食事の他にも!
海沿いならではの、日本海の眺望が楽しめる温泉やお部屋も魅力的ですよ☆

 

 

 

 

天皇陛下がご宿泊された『国民宿舎 千畳苑』の館内は、とても綺麗♡
昭和58年に建てられたとは思えないくらい清潔な客室!!
和室は畳の香りがし、なんだかとても安らぎます(*´︶`*)。

 

 

 

 

海が一望できるお部屋は夏場に大人気!夕日や漁り火など夢の中ような一時が味わえます♡
ふかふかの座布団にも密かに注目!

 

 

 

 

日本海が一望できる温泉は一押しです!!
優雅な気分にさせてくれるお風呂は、ゆったりと入浴したくなりました。日帰り入浴も可能ですよ~♪

 

お風呂の後は…
マッサージ!!
フランスベッド健康フェア中で、寝転んだままマッサージができて疲れも吹っ飛びます。

 

 

 

 

大人数で80人まで利用ができる大広間もありますよ。

 

 

 

 

お腹も心も体も満たされる『国民宿舎 千畳苑』。
しまね海洋館アクアスや、石見海浜公園など、石見の観光スポットへのアクセスも最適です!
ぜひ、お気軽に訪れてみてくださいね\( ˆˆ )/
(つづく/担当A、担当O、担当K)

 

 

—————————————-
国民宿舎 千畳苑 kuwasiku
〒697-0006 島根県浜田市下府町2164
TEL.0855‐28‐1255
—————————————-

 

 


 

 

【夏の定番!海水浴場~国府海水浴場・畳ヶ浦を楽しむ~レポ⑤】

 

 

国府海岸沿いを東に向かっていくと国の天然記念物があるのをご存じですか?
1600万年前の断層がくっきりと残されているんです!
そんな歴史が感じられる天然博物館『石見畳ヶ浦』をボランティアガイドさんと一緒に探検~ヽ(´▽`)/
今回案内してくださったのは、浜田市観光ボランティアガイドの会 会長 齋藤晴子さん☆

 

 

 

 

最初、目に飛び込んでくるのは畳ヶ浦入口を囲った岩壁!
高すぎて普段は気がつかない壁、なんと大地震の影響で地層が盛り上がってできたできたそうです!
言われてみるとなんだか不思議な層なんです!

 

 

 

 

そしてその礫岩の断層の中に突入!
雰囲気がある暗い洞窟は、礫岩層の内側が楽しめますよ。

 

 

 

 

そしてそして!洞窟を抜け見えてきたのはキノコ型のポコポコした岩たち!!!!!
この岩、なんと無数の貝殻でできているんだそうです!!!!ただの岩ではなかった!!!
“ノジュール”と言うんだそうですよ♪
49,000㎡ある畳ヶ浦にこのノジュールが規則正しくズラッとならんでいました。

 

 


 

 

他にも今は存在しないフナ食い虫の巣穴あとや鯨が漂流していたとされる跡など歴史の流れが感じられました。
何千もの年月をかけてできあがった『石見畳ヶ浦』。
想像も絶するような深い歴史が辺り一面に刻まれてるのだとわかりました。

 

 

 

 

ガイドの斎藤さんは、畳ヶ浦にとても詳しく、大切にこの畳ヶ浦を守っておられました。
ガイド無しでは発見できないことがいっぱい!とても貴重な体験ができましたよ♪

次回は『石見 畳ヶ浦』の楽しみ方をpickupします☆
(つづく/担当A、担当K、担当S、担当H)

 

 

—————————————-
石見畳ヶ浦 kuwasiku
〒697-0003 島根県浜田市国分町2210‐1
TEL.0855‐24‐1085
—————————————-

 

 


 

 

【夏の定番!海水浴場~国府海水浴場・畳ヶ浦を楽しむ~レポ⑥】

 

 

歴史好きや探検家にはたまらない!ドキドキするような場所『石見畳ヶ浦』は、
なんとHAPPYになれるパワースポットとしても話題になっているそうですよ♡

見つけると幸せになるという『♡』型の化石!“ハーピーシェル”は必見!
しかし、これを見つけるのにはとても苦労しました…。

齋藤さんに教えてもらわなければ通り過ぎてました(´>ω<`)

しかし!発見したときの幸福感といったらたまりません♡

 

 

 

 

畳ヶ浦では、“馬の背”でちょっとしたロッククライミングが楽しめますよ♪
大地が膨れあがってできた地層(高さは約8m)、
蜂の巣のようにできた穴から穴へとつたい登っていくと畳ヶ浦が一望できちゃうんです(^^)
滑りやすいので足下には気をつけてくださいね。
まだまだ元気がある方は、ぜひ畳ヶ浦の奥まで行ってみてください。
“めがね橋”がとなりの海岸への架け橋に。

とても危険です!!!

 

 


 

 

ガイドの齋藤さんのおかげで、畳ヶ浦の全貌を詳しく学ぶことができました。
まだまだたくさんの遊びが『石見畳ヶ浦』では楽しめますよ(´∀`*)

畳ヶ浦に観光するならガイドを申し込むのがオススメ☆☆☆
(おわり/担当A、担当K、担当S、担当H)

 

 

—————————————-
浜田市観光ボランティアガイドの会
案内日:日曜日、祝日(12月~2月、7月、8月は除く)
料 金:無料
申 込:浜田市観光協会(TEL.0855-24-1085)
※7日前まに要予約
—————————————-

 

 


 

 

【石見☆こぼれ話】

~浜田の千畳苑で日本海を望む!(浜田)~

 

 

石見にきたらやっぱり海~!!!
浜田の海を見渡せる『国民宿舎 千畳苑』は、日本海の眺望が楽しめる温泉やお部屋が魅力的なんです\( ˆˆ )/

 

夏に大人気のお部屋は、やはり海の見えるお部屋!!!!!
このお部屋、夏は青く透き通った日本海を眺めることができ、自然の風に吹かれながらゆっくりと過ごすことができちゃいます♪半年前から予約が入るんだそうですよ!
そして!ここ千畳苑は、夏だけではなく、冬も海を見ながらしっとり浸るのもオススメです!!!!!!荒々しい日本海に引き込まれるような、なぜかぼーっと見ていたくなるような、時間を忘れそうになるほどの空間が味わえます。一人で浸りにくるお客様もいらしゃるんだとか…。

 

千畳苑は春夏秋冬、常にお客様に愛されています(*´˘`*)
それは、お客さん、お宿に目を配っている総支配人の曽田伸美さんの“笑顔”♪
いつも親切でやさしく接してくださいます。スマイル0円に匹敵するほどの温厚な『国民宿舎 千畳苑』!
ぜひ1度、訪れてみてください。

(コラム:担当A イラスト:担当F)

 

 

 


 

 

【石見☆こぼれ話】

~ガイドは私におまかせ♪in 石見畳ヶ浦~

 

 

浜田の歴史がつまった観光名所「畳ヶ浦」。
その歴史を深く知りたい方は『浜田ボランティアガイドの会』がおすすめ☆☆
昨年の取材で私たちは、浜田市観光ボランティアガイドの会 会長 齋藤晴子に案内をしていただきました!集まり次第、すぐにガイドを開始。指をさしながら、とんちを交えながら、畳ヶ浦の歴史をスラスラと教えてくださいます( ˘ω゜)

時には高いところにのぼり、時には崖っぷちまでいき、畳ヶ浦の隅々まで案内!!!
畳ヶ浦を守っている1人でもある斉藤さんの熱いガイドが楽しめました(´︶`)ノ。奥が深い畳ヶ浦。観光するならぜひ、ガイドさんと一緒に歩いてみてください♪
(コラム:担当A イラスト:担当O)

 

 

コメントは受け付けていません。

観光地