島根の中心地 川本町で、町並み散策☆

2015年7月13日 / 未分類, 観光地

【島根の中心地 川本町で、町並み散策☆レポ①】
~川本の味を楽しむ♪~

 

 

江の川を上流にそって行くとたどり着く川本町。豊かな自然に囲まれ空気が新鮮!そんな川本町で地元食材を使っている、お洒落なカフェ『Labo Cafe 明るい農村』にふらっと♪
3年前にOpenしたお店☆今年6月2日にリニューアルオープン!古民家風で、子ども連れの家族に優しい店内でした。なんでも副代表である“横田真未さん”が、子どもを連れて食べられるお店がないので、そういうお店を造りたかったそうですよ。そんな店内には“授乳室”や、安全に子どもが遊べる“ベビー サークル”も完備!ママには嬉しいお店ですね。

 

 

 

 

店内は、イギリス風の落ち着いたお洒落な空間で、今ではプレミアもつくほどのレコードも飾られていました。

 

 

 

 

メニューもママや子どもが好きなナポリタンやワッフルなどなど(*´︶`*)どれも素材の味を生かした、優しいお味でした。特に気に入ったのは自家製 ジャガイモのフォカッチャ♡おかわりしたくなるほど飽きない美味しさ。季節の酵素ジュースはお店のおすすめだそうですよ♪夏はウメのジュース(´︶`)ノ ♬

 

 

 

 

川本といえば!認知症予防など健康にいい『えごま』!ここでは、えごまを使ったお料理もありました!

 

 

 

 

子どもをもつママや、ゆったりと寛ぎたい方にとてもオススメなお店☆☆
のどかな風景と落ち着いた店内で、のんびりとした時間を満喫しに、ふらっと立ち寄ってみてはいかがですか~?
(つづく/担当A)

 

 

—————————————-
Labo Cafe 明るい農村
〒696-1225 島根県邑智郡川本町大字南佐木177-3
TEL.0855-74-0870
営業:火、金、土、日、祝
—————————————-

 

 


 

 

【島根の中心地 川本町で、町並み散策☆レポ②】
~川本の遊び場♪~

 

 

「なつかしの国 石見」サイトで検索しヒットした、川本町1大きい?『おとぎ館』にいってきました!

 

川本町に行く青い橋から見える、大きくて木琴のような建造物。それが『おとぎ館』だったー!古い町並みの高手にありとても目立ちます。サイトを見ても謎めいていた館内に潜入♪今回は『おとぎ館』の支配人 植田真二さんに案内していただきました。

 

 

 

 

まるで迷路のような館内。2階には、広くゆったりとしたお部屋が9室!
平日でも満室になるほど人気ぶりの“ホテル”でした( *˙0˙*)!
なんとおとぎ館では、カラオケルームも完備!?誰でも使えて、飲食など持ち込み自由なんだそうですよ。

 

 


 

 

さらに、自由に体もきたえられる、トレーニングジムもありました!ウォーキングマシーンやバランスボールなど、運動したい方には最高なスペース!200円で何時間でも運動できるみたい☆☆
仕事帰りのお兄さんも頑張っていました(๑˙︶˙๑)ノ
お休みの日限定でオープンする、大人な雰囲気の隠れBarにも注目☆

 

 

 

 

『おとぎ館』とは、、、、
泊まれる!食べられる!飲める!歌える!話せる!泳げる!鍛えれらる!館でした!
想像できました?
次回も、ここ『おとぎ館』の魅力をご紹介♪
(つづく/担当A)

 

 


 

 

【島根の中心地 川本町で、町並み散策☆レポ③】
~川本の遊び場♪~

 

 

おとぎ館自慢の!『レストランおとぎ』はオススメ☆☆☆
ランチやディナーに誰でも立ち寄れる、本格的なフレンチが堪能できますよ(*´︶`*)♡

 

ランチでは限定おとぎプレートや、神楽めし、スタッフのまかないから発案したオリジナルメニューなどなど!
贅沢コースがいただけますよ。メインのお肉はほとんどがしまね和牛や石見和牛!!島根県産お肉が堪能できるんです。

 

やっぱりフレンチにはワイン♪ おとぎ館では数種類のワインが楽しめるのも魅力の一つ!
大自然のなかで、お洒落なフレンチで優雅な一時が堪能できそう!

 

 


 

 

ここの密かなスポットといえば、ライダールーム。ツーリングに来たライダーや自転車で旅をしている人限定のお部屋☆
とてもお洒落にできたお部屋でした。

 

 

 

 

そして!これからの季節に入りたくなる、室内プールにも注目☆温水プールなので冬でも泳げます!

 

 

 

 

音楽のメロディーのようになめらかな造りの『おとぎ館』は、素敵なプランがいっぱい。
石見銀山とも近く、観光ついでに訪れる方も多いそうですよ(^^)
食べるもよし。遊ぶのもよし。優雅な一時を『おとぎ館』で味わってみてはいかがでしょうか☆
(つづく/担当A)

 

 

—————————————-
おとぎ館 kuwasiku
〒696-0001 島根県邑智郡川本町大字川本332-13
TEL.0855-72-3080
—————————————-

 

 


 

 

【島根の中心地 川本町で、町並み散策☆レポ④】
~川本の癒やし♪~

 

 

川本町の市街から少しはずれた場所。細い細い山道をひたすら登っていくと、たどり着く温泉があります。
戦国時代、兵士の傷を癒やしたとされる湯治場『湯谷温泉 弥山荘』。

 

まだ着かない?まだなの?と思いながら進むと、見えてくるんです。
ここは、今流行の“天然炭酸塩泉”が沸き出ているそうですよ!体の芯から温まる温泉☆☆☆
炭酸+塩分ということで、高い燃焼でダイエットに最適かも!?

 

平日でも人がいっぱいいました。雨の日はお客様もふえるみたいですよ。
休日は、広島県から来る方が多く、広島ナンバーがズラッと並ぶそうです。

 

 


 

 

館内はくつろぐスペースが広々とありました。地元のおばーちゃんおじーちゃんがゆったりまったり休憩していて、雰囲気はとてもほのぼの♡

 

 

 

 

川本町には川本町ならではの、自然を楽しめるスポットもいっぱいありました。天然水がわき出ているところ、全国「ムクノキ」巨木ベスト10入りしている大きな木、などなど!

 

 

 

 

探検するとおもしろい掘り出しモノが見つかりそうでした( *˙0˙*)とてもわくわくした旅になりました。
(おわり/担当A)

 

 

—————————————-
湯谷温泉 弥山荘 kuwasiku
〒696‐1222 島根県邑智郡川本町大字湯谷781-2
TEL.0855-72-2645
—————————————-

 

 


 

 

【石見☆こぼれ話】
~びっくり迷宮 茨の道 編~

 

 

『『Labo Cafe 明るい農村』は、初めて行く場所なので地図で検索~♪
川本町街から少し離れた場所にお店があり、「国道261号線を通って46号線から行けば早そうだ!」といざ出発。
国道261号線をスムーズに進んで46号線に曲がり、時間も順調。
「目的地あと少し。美味しいランチが食べられる~♪」とルンルン気分で進んでいきました。
途中「なんか車の数が減ってきたなぁ」と思いながらも進みます。どんどん、どんどん、、どんどん、、、と。
しかし、進んで行くうちにだんだん道が細く、車も全くこなくなり、人も歩いていません…不安になってきました。道を間違えたのかな?と思いながらも、引き返せば取材時間に遅刻。突き進みました。
次第に森の中に…。お昼前なのに辺りは暗くなっていき、とても静か。道路も細くクネクネして、まるでホラー映画に出てくる雑木林のよう、、、誰もいない、薄暗い、とても怖くてたまりません。マップでは近く感じたのに、いくら進んでも目的地にたどり着けないのはとにかく恐怖でした。

 

その間約15分。

 

ようやく景色が明るくなり、のどかな田舎の風景が目の前に。働いてる人もいて、とても安心しました。そして目の前に、目的地『Labo Cafe 明るい農村』が!!!!
暗闇から明るい場所へ。“明るい農村”なんてぴったりな名前なんだと私は感動(o´〰`o)☆
お店の方に話すと「あの道は絶対に通ってこないほうがいいよ。私たちも通ったことないけど、恐ろしいみたいよ」と…。お店の隣には大きな道がちゃんとありました。
『Labo Cafe 明るい農村』にはじめて行かれる方、46号線ではなく、32号線を通ったほうがいいのかも…。

 

(コラム:担当A イラスト:担当O)

 

コメントは受け付けていません。

観光地