石州神楽堂~竹内さんの宝箱~

2015年1月15日 / 未分類, 石見神楽

【石州神楽堂 ~竹内さんの宝箱~ ① 】

 

 

壁一面に、数え切れないほどのお面たち!四方八方から見られてるいる感覚の中、取材に行ってきました~☆☆☆

 

インパクトあるお面を飾っているのは、石見神楽面愛好家の竹内 惟臣さん。なんと家の一室が神楽堂になっているんですっ!お面の数なんと500点以上!!! 歴史ある古いお面からオリジナルなお面、他では見ることが出来ないレアなお面の数々が見られますよ!集め始めたきっかけは、とある旅行のお土産を買った時なんだとか(*´艸`*)

 

 

 

 

一つ一つのお面に想い出がある竹内さん。あのお面は?と聞くと、長い棒を振り回し熱く語ってくださいますよ♪

 

 

 

 

迫力満点!様々なお面がずらっと!!
鍾馗と須佐之男のお面にも注目☆

 

 

 

 

石見神楽に対する想いが熱い竹内さんは、お茶目な一面もおもちな親切な方でした\( ˆˆ )/
神楽堂は誰でも自由に入ることができますよ!石見神楽を深く知りたい方必見!
(つづく/担当A)

 

 

 


 

 

【石州神楽堂 ~竹内さんの宝箱~ ② 】

 

 

わしのお気に入りの神楽面じゃ。

・和紙のお面で一番古い、江戸末期に和紙で作られた、大江山の『酒呑童子』。
・本堀で一番古いお面は、今とは別人の、可愛らしい『大蛇』のお面。
・土で作られた歴史を感じるお面。

 

などなど!

 

 

 


 

 

こんなお宝も!
中央の黄色い鬼は柿田さんの初期の作品だそうですよ。

 

 

 

 

竹内さんは集めるだけでなく、お面の型に和紙を貼り付けているそうですよ!
そんな竹内さんの楽しみは、天蓋の切り絵を作ることなんだとか(^^)
水戸黄門にもお面を提供したことがあり、大切に保管してありました☆
(つづき/担当A)

 

 

 


 

 

【石州神楽堂~竹内さんの宝箱~ ③ 】

 

 

江戸末期から始まった石見神楽。神楽面の原点でもある長浜人形も竹内さんは200点以上もお持ちでした!そんな長浜人形やお面を作っていた、竹内さんが尊敬している師匠“岩本竹山”さんの作品は数知れません。
岩本竹山さんとの絆が深かった竹内さんは、今でも技術を受け継いでいるようです。

 

 

岩本竹山さんの作品。
顔中に浮き出た血管が悪狐の心情が見てわかる、とても珍しいお面です!!

 

 

 

 

貴重な“岩本竹山”さんの直筆!大切に保管してありました。

 

 

 

 

神楽面の原点でもある長浜人形☆☆☆

 

 

 

 

石見神楽のお面は500点以上も持っている竹内さん。とても親切で柔らかい方でした。たまに見せてくださる笑顔が印象的です♡

 

 

 

 

熱く語ってくださった竹内さんの想いにとても感動しました。石見神楽の深い歴史を知りたい方、竹内さんの神楽堂に行くとたっぷり石見神楽を学べますよ♪

(おわり/担当A)

 

 

 

—————————————-
石州神楽堂 竹内惟臣
〒697-0053 島根県浜田市大辻町128-12
TEL.0855-22-7532
※観覧無料 ※要事前連絡
—————————————-

 

コメントは受け付けていません。

観光地