呑み処 神楽(浜田)

2015年1月15日 / 未分類, 石見神楽

【呑み処 神楽(浜田)レポ① 】

 

 

お待たせしました!天蓋でお出迎えされたお店、おいしんぼにも掲載されていて、有名人まで尋ねてくる、独特の出で立ちをしたこのお店は『呑み処 神楽』!

 

 

 

 

この呑み処神楽を盛り上げているのは、代表の大石 恵子さん、支配人の廣中 豊さん。

 

 

 

 

16年前にOPEN。浜田に神楽がつくお店がないのでこの名前にしたそうです。そしてその名の通り、店外・店内が神楽一色!TVの映像まで神楽!! なんとメニューまで神楽なお店!島根県で初めて緑提灯を掲げたのも呑み処 神楽なんだとか!

 

 

 

 

『なつかしの国 石見』の宣伝隊として、石見を活性化させようと、花見やBBQ、どぶろく会やボーリング大会なども開催しています!

 

 

 

 

2階では、過去に神楽団が使っていた衣裳も着ることができますよ☆

 

 

 

 

石見に対する、石見神楽に対する想いが熱い!そんなお2人のお店は、とてもアットホームでした♪

浜田を訪れたら、石見神楽満載のお店『呑み処 神楽』はいかがですか☆
(次は料理の紹介です/担当A)

 

 


 

 

【呑み処 神楽(浜田)レポ② 】

 

 

緑提灯の星4つ☆☆☆☆
「地場産品応援の店」として掲げられた緑提灯。『呑み処 神楽』のお料理をご紹介!

 

石見神楽と食文化のあふれる魅力のまち、浜田市でお店を開きたいという大石さんと廣中さんの強い想いからできた『呑み処 神楽』。そんなお店のお料理は、浜田の特産物が勢揃い!なんと地元の食材をふんだんに使用しており、お料理は新鮮かつ美味☆なんと緑提灯の星は4つ!!!!

 

アナゴを煮た出汁で煮付けた『のどくろの煮付け』。普通の煮付けと違い、濃厚に味わえました。

 

 

 

 

呑み処 神楽では神楽にちなんだメニューが30種類以上もあるんですよ!そして、神楽めしもおいてありました☆
浜田港で獲れた鯛を使用した『鯛の天ぷら丼』。ボリューム満点です!

 

 

 

 

他にもアナゴ丼やウチワエビもいただき、お腹も心もいっぱいになりました。

 

 

 

 

大きな大きな大あさり!!!!
バター風味でとてもおいしかったです♡

 

 

 

 

全て大石さんが作っているそうで、愛情もいっぱい!お付きだしが3品もでてきたりと大石さんの優しさを感じました(^^)

 

代表の大石 恵子さん、支配人の廣中 豊さん、ありがとうございました☆
(おわり/担当A)

 

 

—————————————-
呑み処 神楽 kuwasiku
〒697-0022 島根県浜田市浅井町56-22(浜田市駅近く)
TEL.0855-23-1032
時間:17:00~23:00(LO.22:30)
お休み:毎月15日
—————————————-

 

 


 

 

【石見☆こぼれ話】
~ふ し ぎ な お面 編~

 

 

とある飲み屋さんの取材先では、なんとも愛らしいお面を渡された。
このお面はこのお店に来た人は必ずつけるらしい。

 

どう考えても恥ずかしい!!シャイな人は遠慮したくなるお面なのだが、

 

あれ?不思議!?
お面をつける前はイヤだと言っていた女性スタッフも、、、ぺろっと。
ふらっと飲みにきていたお客さんも、、、ぺろっと。

 

あんなに恥ずかしがっていたのに見間違えてしまうほどおどけた姿!

 

誰もがお面をかぶればぺろっとしたくなる、なんて不思議。

 

神楽面は人格を変えちゃうの!?!?
お面はおそろしいほど本心を露わにするのかもしれない…

 

場を和ませるお面に出会えました(*´˘`*)
そして隣のお客さんとも仲良くなれる、アットホームなお店です。
ぜひ、訪れてみてください♪(コラム:担当A イラスト:担当I)

 

 

 

コメントは受け付けていません。

観光地