世界遺産で見る石見神楽

2014年6月10日 / 未分類, 石見神楽

<世界遺産で見る石見神楽 その1>

 

 

 

大田市の石見神楽定期公演が5月3日にスタートしました。記念すべき初日公演に取材に行ってきましたよ(^^)/ 朝は曇っていた当日ですが、1回目が終わる頃には真っ青な晴天♪ 石見神楽の勢いに曇り空も吹き飛んだようでした☆(5月3日~5日は1日2回。通常は1回のみ。)

 

銀山神楽② 銀山神楽③

 

会場は世界遺産『石見銀山』の『旧大森裁判所』、現在の『町並み交流センター』です。昔のままの建物が趣を感じさせます。石見銀山の町の中、石見の伝統芸能で石見を骨の髄まで味わっていってください。
(※会場は日によって大森会場と仁摩会場とがございます。下記リンク先のチラシ画像にてスケジュールをご確認ください。)

また、チケットの半券を持って協賛の加盟店へ行くとお得な特典がありますよ♪
散策と石見神楽で余すところなく一日楽しめちゃいますね!

 

 

初日の出演団体は”土江子ども神楽団”。土江子ども神楽は300年以上の歴史のある伝統芸能で、土江子ども神楽団はドイツはミュンヘンにて公演を行い、国際文化交流を行っています。その他、先日 温泉津港に来航したクルーズ船『にっぽん丸』での神楽公演など活力みなぎる団体です。

 


 

<世界遺産で見る石見神楽 その2>

 

 

銀山神楽① 銀山神楽②

 

いよいよ『石見銀山×石見神楽』の開幕です!初演目は「神武」。若き日の神武天皇が長随彦(ながすねひこ)を倒し、大和(やまと)を制圧するお話です。激しい戦いの舞における素早く力強い動き! 舞い手の若さが光る演目です。そして日本国建国の幕開けとなるお話が、『石見銀山×石見神楽』の初日公演にぴったりの演目でした(^^)

 

銀山神楽③ 銀山神楽④

2演目目は「大蛇」。大人神楽と遜色ない大迫力!更に、細部の演技が綿密で驚きました(゚ロ゚ )船を漕ぐように眠る大蛇、舞台の端で奮闘する翁と嫗。。翁と嫗が子ども神楽ならではの可愛らしさとか弱さで、とてもいい味で観客を楽しませていました。

迫力に圧倒されている間にあっという間の80分が過ぎてしまいました!

 

 


 

<世界遺産で見る石見神楽 その3>

 

 

中の人は午後の回も鑑賞しました♪(『石見銀山×石見神楽』は通常は1日1回公演、GW・お盆のみ1日2回公演)1演目目は「頼政」。近衛(このえ)天皇の命を受け、源頼政が鵺(ぬえ)を退治するお話です。

 

銀山神楽③-1 銀山神楽③-2

 

戦いのシーンもさることながら、「頼政」といえば”猿”!小さいお猿が前からも後からもわんさか登場して場を賑やかします♪(^^) 一転、鵺の登場には息を飲む迫力で、色んな要素が盛りだくさんでした。

2演目目は午前の回と同じく「大蛇」。石見神楽といえば「大蛇」ですから午前・午後どちらの回にいらっしゃった方も満足いただけた構成ではないでしょうか☆ 公演後は写真撮影もできますよ♪

石見神楽はその他演目多数あり!石見銀山にお越しの際はぜひご鑑賞ください。見応え抜群です!

 


 

<世界遺産で見る石見神楽 その4>
~お得な特典プレゼント♪~

 

 

『石見銀山×石見神楽』にご来場の皆様に半券を利用した特典があります♪半券をもって大森の町にある協賛店へ行くと割引などの特典が受けられます!(゜▽゜)

 

 


 

<世界遺産で見る石見神楽 その5>
~土江子ども神楽団 楫 義行さん~

 

銀山神楽⑤-2

土江子ども神楽団代表 楫 義行さんにお話が聞けましたよ(^^)/ 楫さんは当時、土江の自治会長を務めていた縁で神楽団発足に至ったそうです。今回の公演を見て中の人が思ったことは、「子どもたちがとても堂々としている」ということ。中・高生といえば人前を嫌がる子も多いはず。しかし土江子ども神楽団を見ていると、立ち居振る舞いが堂々としていて、口上も立派な物でした。

 

銀山神楽③-3 0509土江楽屋1

 

○子どもたちがとても堂々としていますね。
「学校で代表挨拶を頼まれる子もいます。神楽で人前に慣れているからでしょうか。小さい子でも、神楽の台本の字を読めるようになっちゃうんですよ。神楽の台本と言えば、解読しにくい昔の字なのに。」
○神楽を子どもの頃からやっていると自然としっかりした子になるんですね!
「子どもたちには大まかに3タイプあるんです。神楽に研究熱心でどんどん掘り下げていく子。舞ってるだけで楽しいという子。友達が集まっているから楽しいという子。私としては、子どもたちが楽しんでくれているならそれが一番。うれしいです。」

銀山神楽⑤-1 石見神楽③-4 0509土江楽屋2

 

『石見銀山×石見神楽』の幕開けを飾った「土江子ども神楽団」。その名の通り団員は中学3年生までの子どもたちです。(この日は特別にOBの高校生も出演していました。)団員は現在43名。大田市のみならず、出雲や簸川(ひかわ)からも通っている子もいるそうです!
今後は大田市中の神楽団体が次々上演を行っていきます!! 石見銀山にお越しの際はぜひ石見神楽をお見逃しなく☆

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
石見銀山×石見神楽
【平成26年 公演日程】
5 月~ 6 月/毎週日曜   7 月~ 8 月/毎週土・日・祝日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントは受け付けていません。

観光地